SSブログ
 

34拠点病院『津波浸水』 [讀賣新聞]

  • 南海トラフ巨大地震が起きた場合、災害拠点病院の34施設が、「津波で浸水する恐れがある」と懸念している。津波が到達すると予測される24都府県404市区町村にある災害拠点病院189施設に、読売新聞がアンケート調査をして判明。
  • 「浸水する恐れがある」と答えた34施設のうち、21施設(62%)は、「医療機能の維持が困難」と回答。5施設(15%)が「維持できるか不明」、8施設(24%)は浸水の程度が軽微で「維持可能」と回答した。
  • 災害拠点病院は、災害の際に重症患者の救命医療を行う。全国からの災害派遣医療チームの受け入れや他病院の支援なども行う。津波被害が想定される施設の対策が急務となっている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。