SSブログ
 

原発マネー保育まで [東京新聞]

  • 東京新聞は、原発や核燃料サイクル施設のある23の立地自治体の原発マネー(電源立地地域対策交付金)の使途を調査した。住民サービスに計278億円が注ぎ込まれていた。
  • 交付金の大半は、保育園や消防署の人件費、道路や施設の修繕費など、住民サービスの維持に不可欠な分野に注ぎ込まれていた。これらは本来、一般財源で充当すべき分野だ。
  • 交付金は、原発の建設前から支払われ、運転開始後は発電実績などに応じて支給額が決まる。いわば「業績変動型ボーナス」に依存する危うい財政運営だ。過去に交付金で建てた施設の維持管理費が財政を圧迫するケースも多い。原発マネーに依存しない体質への転換が求めれる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。