So-net無料ブログ作成
 

電気自動車充電4000ヵ所 [日経新聞]

  • 日産、住商、昭和シェル石油、NECが出資する「ジャパンチャージネットワーク(JCN)」が中心となって、電気自動車(EV)の急速充電設備を2020年までに4000ヵ所に増やす。
  • JCNは、JX日鉱日石エネルギーや出光興産など石油元売り4社とも提携し、ガソリンスタンドの決済カードの共用し、充電設備の共同整備も進める。充電サービスは、トヨタ自動車や中部電力も独自に展開しており、日立製作所やNTTデータなども充電インフラ整備の実証実験に取り組んでいる。
  • 国内のガソリンスタンドは4万ヵ所弱あるが、その1割相当まで急速充電設備が増えると、EVの普及に追い風となる。急速充電設備の方式は、日本の「CHAdeMO」方式と欧米の「コンボ」方式の規格争いがあり、日本が普及度で各国を一段と引き離すことで、規格争いを優位に進める効果も期待できる。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。